花屋でアレジメントしてもらい喜ばせよう|サプライズの花束!

お返しの品選び

風呂敷

香典返しとは、お通夜や葬儀で児故人にお供えいただいた金品へのお返しということです。香典返しをするときのタイミングが分からないという人がたくさんいます。本来渡すタイミングとしては、忌が開けてから贈るものと言われています。香典返しは、四十九日が過ぎた後に贈るものなので、つまり忌が開けてからです。しかし、最近では当日に香典返しを贈る人も多くなってきています。当日とは、葬儀当日の事で葬儀が終わったあとに贈ります。こういった習慣は、地域によって違うので、あまり香典返しが分からないという人は、親戚の人やおじいちゃんおばあちゃんに聞いても良い情報が見つけることができる可能性が高いです。渡すタイミングは、初七日でも良いと言われています。初七日とは、故人がなくなってからの日数がちょうど七日間になったときも香典返しを渡すタイミングとも言われています。

香典返しの相場や目安として一般的なのは、半返しです。自分が頂いた金額が一万円だとしたら、五千円分の商品を予算に立てて考えるのが一般的です。商品としては、お茶や砂糖屋や石鹸。洗剤などとを贈ると良いでしょう。この商品には、ちゃんとした香典返しに贈る商品として理由があるのです。お茶は、お茶を飲んで故人を偲ぶということから、よく使われています。次に石鹸・洗剤は、不幸なことは洗い流すという意味です。このように、香典返しはちゃんとした、物を持っていくようにしましょう。